組織

研究開発体制

メンバー

プロジェクト・マネージャー(PM)
  • 石黒 浩(大阪大学)

研究開発項目1:存在感・生命感CAの研究開発

グループリーダー
  • 石黒 浩(大阪大学)
    存在感CAの開発とCA自在操作インターフェースの研究開発
課題推進者
  • 小川 浩平(名古屋大学)
    高臨場感遠隔操作インターフェースの認知科学研究
  • 仲田 佳弘(電気通信大学)
    人間型移動ロボット存在感CAの研究開発
  • 塩見 昌裕 (ATR)
    抱擁型生命感CAの研究開発
  • 吉川 雄一郎(大阪大学)
    生命感CAの開発と連携対話の研究開発
  • 港 隆史(理化学研究所)
    存在感CAの自在動作生成の研究開発
  • 中村 泰(理化学研究所)
    CAの対話動作学習機能の研究開発

研究開発項目2:自在音声対話の研究開発

グループリーダー
  • 河原 達也(京都大学)
    自在遠隔音声対話の研究開発
課題推進者
  • 猿渡 洋(東京大学)
    音響情報処理・音声変換の研究開発
  • 東中 竜一郎(名古屋大学)
    対話知識処理の研究開発
  • 李 晃伸(名古屋工業大学)
    CG-CA特有対話の研究開発

研究開発項目3:人間の知識・概念獲得の研究開発

グループリーダー
  • 原田 達也(東京大学)
    概念理解とマルチモーダル認識の研究開発
課題推進者
  • 黒瀬 優介(東京大学)
    意味理解コーパスの研究開発
  • Lin Gu(理化学研究所)
    継続学習と記憶の研究開発
  • 椋田 悠介(東京大学)
    因果推論と予測機能の研究開発
  • 鈴木 潤(東北大学)
    自然言語処理の研究開発

研究開発項目4:CA協調連携の研究開発

グループリーダー
  • 長井 隆行(大阪大学)
    自在CA制御技術の基盤研究開発
課題推進者
  • 中村 友昭(電気通信大学)
    階層的CA制御の研究開発
  • 杉浦 孔明(慶應義塾大学)
    生活環境対話技術の研究開発
  • 谷口 忠大(立命館大学)
    生活物理支援CAの研究開発
  • 鈴木 陽介(金沢大学)
    CA触覚マニピュレーションの研究開発
  • 平田 雅之(大阪大学)
    侵襲型BMIによるCA制御の研究開発

研究開発項目5:CA基盤構築の研究開発

グループリーダー
  • 宮下 敬宏 (ATR)
    CA基盤構築及び階層的CA連携と操作者割り当ての研究開発
課題推進者
  • 内海 章 (ATR)
    利用者モニタリングと経験管理の研究開発
  • 吉見 卓(芝浦工業大学)
    CA及びCA基盤標準化

研究開発項目6:生体影響調査

グループリーダー
  • 河岡 慎平(京都大学)
    生体応答統合解析
課題推進者
  • 和泉 自泰(九州大学)
    バイオマーカー探索
  • 春野 雅彦 (NICT)
    脳反応計測
  • 住岡 英信 (ATR)
    CAを用いた生体反応実験
  • 中江 文(大阪大学)
    ホルモン検査と健康基準策定

研究開発項目7:実社会実証実験

グループリーダー
  • 石黒 浩(大阪大学)
課題推進者
  • 宮下 敬宏 (ATR)
    企業連携実証実験基盤の開発・運営と企業コンソーシアム活動支援
  • 熊崎 博一(国立精神・神経医療研究センター)
    発達障害・うつ病患者実証実験研究
  • 西尾 修一(大阪大学)
    高齢者実証実験研究と企業コンソーシアムの運営
  • 村田 正幸(大阪大学)
    5G通信環境の研究開発

研究開発項目8:アバター社会倫理設計

グループリーダー
  • 中野 有紀子(成蹊大学)
    アバター社会倫理設計コンソーシアム運営とアバターコミュニケーションの研究
課題推進者
  • 神田 崇行(京都大学)
    モラルコンピューティングの研究開発
  • 久木田 水生(名古屋大学)
    モラル行動の研究
  • 石井 夏生利(中央大学)
    プライバシー問題の研究
  • 新保 史生(慶應義塾大学)
    アバター法の研究
  • 湯淺 墾道(明治大学)
    アバターの社会実装課題研究