組織

研究開発項目7:実社会実証実験

メンバー

グループリーダー
  • 石黒 浩(大阪大学)
課題推進者
  • 宮下 敬宏 (ATR)
    企業連携実証実験基盤の開発・運営と企業コンソーシアム活動支援
  • 熊崎 博一(国立精神・神経医療研究センター)
    発達障害・うつ病患者実証実験研究
  • 西尾 修一(大阪大学)
    高齢者実証実験研究と企業コンソーシアムの運営
  • 村田 正幸(大阪大学)
    5G通信環境の研究開発

概要

本研究開発項目では、発達障害や高齢者に対する実証実験、複数の企業が連携する実証実験の管理運営及び5G利用の研究開発に取り組む。
場所、サービス、CA開発に関する3つの業種の企業を組み合わせた実証実験を展開する。概ね10社の企業参加を目指す。自閉症や高齢者に対する実用的CA利用の実証実験を行い、その効果を検証する。そして、これらの実証実験を支える5Gの通信環境を整備し、CA基盤の機能を拡充すると共に、5GによりCA利用がよりスムースになることを確認する。実証実験に参加する企業だけでなく、CA技術、CA基盤に関心のある企業を広く募集し、企業コンソーシアムを構成し、コンソーシアムの活動を通じてもCAの実用化を目指す。実証実験場所は、主には大阪(エキスポシティやうめきた)と東京(竹芝再開発地区など)に設ける。
この研究開発項目は、研究開発項目8と密に連携する。

目標

複数の企業が連携する実証実験の管理運営及び5G利用の研究開発に取り組む。
実用性の観点などから実証実験を評価する。2025大阪・関西万博において広範囲の実証実験を行い、来場者にCA技術やCA基盤の可能性を評価してもらう。また、実証実験で収集したデータを、代表機関で進めるSociety5.0に関するプロジェクトと連携することで、企業等が再利用できる体制を整える。