Achievements

Field Experiments

  • 1. アバタールームを用いたASD者の面接練習, 半自律社会的 CG アバタールーム(CommU-Talk)を用いた発達障害青年グループの面接練習
    2021/5 - 現在, 翔和学園, 大阪大学、長崎大学, 吉川雄一郎、熊崎博一.
  • 2. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 積極的な販売促進を実施
    2021/07/01 - 2021/07/11(うち8日間), ソルビバベーカリー(せんちゅうパル), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 3. 高齢者遠隔操作, 区内の名所・観光案内、クイズ、対話
    2021/07/27 - 2021/12/23(うち12日間), 堺市立南区役所(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市, 西尾修一.
  • 4. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, DX自動販売機の利用・購入促進
    2021/08/10 - 2021/08/16, PRENO @MIYASHITA PARK(株式会社PRENO), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 5. 高齢者遠隔操作, 大型児童館での館内・イベント案内、来館者との対話
    2021/08/16 - 2021/11/27(うち4日間), 堺市立ビッグバン(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市/株式会社丹青社, 西尾修一.
  • 6. 実証実験基盤によるCA受付・案内業務実証, CAによる受付・案内業務を実施.遠隔操作インタフェースの自在感,システムのロバスト性,を長期的に検証する.
    2021/09/01 - 現在, ATR玄関受付, ATR/理化学研究所/大阪大学, 石黒浩、港隆史、宮下敬宏、内海章、吉見卓.
  • 7. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 精神疾患患者の支援
    2021/9/01 - 現在, ありまこうげんホスピタル, 大阪大学/京都大学/長崎大学/ATR, 河原達也、吉川雄一郎、熊崎博一、住岡英信.
  • 8. 高齢者遠隔操作, 屋外のイベントスペースにて絵本の読み聞かせ
    2021/09/07, いずみがおか広場(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市, 西尾修一.
  • 9. 高齢者遠隔操作, 糖尿病の症状、患者生活習慣の聞き取り
    2021/9/8 - 2022/3/16 (うち18日; 2022年度も継続中), 糖尿病クリニック(金沢市), 大阪大学/富山大学/金沢大学/高知工科大学, 西尾修一.
  • 10. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 遠隔からの積極的な展示説明や館内案内(感染対策)
    2021/09/14 - 2021/09/16, 豊中市役所(大阪府・豊中市), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 11. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 自律と遠隔のハイブリッドによる1人5体での広範囲な接客を実施
    2021/09/17 - 2021/09/26, 神戸空港(関西エアポート神戸株式会社), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 12. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 積極的な販売促進の長期間の効果を調査
    2021/11/01 - 2022/04/30, ソルビバベーカリー(せんちゅうパル), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 13. 高齢者遠隔操作, 認知症サポーター養成講座支援(小学生対象)
    2021/11/09, 上神谷小学校(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市, 西尾修一.
  • 14. 複数個所の複数連携CAによる商品推薦, 自律・遠隔ハイブリッドシステムによる来場者の体験・選好インタビューとそれを通じたお土産品推薦
    2021/11/18 - 2021/11/30, ニフレル(株式会社海遊館), 大阪大学, 吉川雄一郎.
  • 15. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 自律と遠隔のハイブリッドによる1人5体での広範囲な接客を実施
    2021/11/18 - 2021/11/29, 東急ハンズ心斎橋店(株式会社東急ハンズ), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 16. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 感染拡大防止のために、小学生と園児の交流が制限されている
    2022/01/11 - 2022/03/14 (うち6日間), 甲南小学校・幼稚園(学校法人 甲南学園), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 17. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 高齢者と園児による世代間交流の促進とその効果の調査
    2022/1/14 - 2022/1/21、2022/5/23 - 2022/6/16(うち20日間), まちかね保育園 第二弾(大阪大学), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学/ATR, 石黒浩、馬場惇、住岡英信.
  • 18. 複数個所の複数連携CAによる商品推薦, 自律・遠隔ハイブリッドシステムによる子供の選好インタビューとそれを通じた絵本推薦
    2022/1/18 - 2022/1/31, TSUTAYAららぽーとEXPOCITY店, 大阪大学, 吉川雄一郎.
  • 19. Sota100 プロジェクト:いつでも・どこでも・誰でも働ける、遠隔操作ロボットシステム, 保育指導員不足の解消(子どもを飽きさせないロボット)
    2022/02/17 - 2022/02/18, 放課後こどもクラブ(大阪府・豊中市), 株式会社サイバーエージェント/大阪大学, 石黒浩、馬場惇.
  • 20. 高齢者遠隔操作, 授業支援:「昔の家庭でのくらしについて」
    2022/02/22, 桃山台小学校(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市, 西尾修一.
  • 21. 高齢者遠隔操作, 認知症サポーター養成講座支援(小学生対象)
    2022/02/24, 堺市若松台小学校(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市, 西尾修一.
  • 22. 高齢者遠隔操作, 授業支援:「昔の小学校の様子」
    2022/03/08, 桃山台小学校(大阪府・堺市), 大阪大学/堺市, 西尾修一.

Papers

  • 1. Yusuke Mori, Hiroaki Yamane, Yusuke Mukuta, Tatsuya Harada, "The Nectar of Missing Position Prediction for Story Completion", Workshop on Text2Story co-located with the 43rd European Conference on Information Retrieval (ECIR 2021), 2860, 65-69, 2021/4/1.
  • 2. Yuichiro Yoshikawa#, Hirokazu Kumazaki#(#: Co-first authors), Takahiro A. Kato., "Future perspective of robot psychiatry: Can communication robots assist psychiatric evaluation in the COVID-19 pandemic era?", Current Opinion in Psychiatry., 32, 3, 277-286, 2021/5/1, DOI:10.1097/YCO.0000000000000692.
  • 3. Takashi Minato, Hiroshi Ishiguro, "Avatar (Teleoperated Robot)", Encyclopedia of Robotics, 2021/5/19, DOI:10.1007/978-3-642-41610-1_216-1.
  • 4. T.Kawahara, N.Muramatsu, K.Yamamoto, D.Lala, and K.Inoue., "Semi-autonomous avatar enabling unconstrained parallel conversations --seamless hybrid of WOZ and autonomous dialogue systems--.", Advanced Robotics, 657-663, 2021/5/19, DOI:10.1080/01691864.2021.1928549.
  • 5. Tadahiro Taniguchi, Lotfi El Hafi, Yoshinobu Hagiwara, Akira Taniguchi, Nobutaka Shimada & Takanobu Nishiura, "Semiotically Adaptive Cognition: Toward the Realization of Remotely-Operated Service Robots for the New Normal Symbiotic Society", Advanced Robotics, 35, 11, 664-674, 2021/5/24, DOI:10.1080/01691864.2021.1928552.
  • 6. 中野有紀子,大山真央,二瓶芙巳雄,東中竜一郎,石井亮, "性格特性を表現するエージェントジェスチャの生成", ヒューマンインタフェース学会論文誌, 23, 2, 153-164, 2021/5/25, DOI:10.11184/his.23.2_153.
  • 7. 曽 傑,中野 有紀子, "知識と話題の埋め込み表現に基づく質問生成と対話システムへの 適用-料理嗜好インタビューシステムに向けて-", 言語処理学会論文誌, 28, 2, 598-631, 2021/6/15, DOI:10.5715/jnlp.28.598.
  • 8. 新保 史生, "EUのAI整合規則提案 - 新たなAI規則案の構造・意図とブリュッセル効果の威力-", ビジネス法務, 8月, 101-106, 2021/6/21.
  • 9. Hidenobu Sumioka, Hirokazu Kumazaki , Taro Muramatsu, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro, Haruhiro Higashida, Teruko Yuhi, Masaru Mimura, "A huggable device can reduce the stress of calling an unfamiliar person on the phone for individuals with ASD", PLOS ONE, 16, 7, e0254675, 2021/6/23, DOI:10.1371/journal.pone.0254675.
  • 10. Marcos Inky Tae , Kohei Ogawa , Yuichiro Yoshikawa and Hiroshi Ishiguro, "Using Multiple Robots to Increase Suggestion Persuasiveness in Public Space", Applied Sciences, 11, 13, 6080-6080, 2021/6/30, DOI:10.3390/app11136080.
  • 11. Changzeng Fu, Chaoran Liu, Carlos Toshinori Ishi, Yuichiro Yoshikawa, Takamasa Iio, Hiroshi Ishiguro, "Using an Android Robot to Improve Social Connectedness by Sharing Recent Experiences of Group Members in Human-Robot Conversations", IEEE Robotics and Automation Letters, 6, 4, 6670-6677, 2021/7/7, DOI:10.1109/LRA.2021.3094779.
  • 12. C. A. Ajibo, C. T. Ishi and H. Ishiguro, "Advocating Attitudinal Change Through Android Robot's Intention-Based Expressive Behaviors: Toward WHO COVID-19 Guidelines Adherence", IEEE Robotics and Automation Letters, 6, 4, 6521-6528, 2021/7/7, DOI:10.1109/LRA.2021.3094783.
  • 13. Hirokazu Kumazaki, Hidenobu Sumioka, Taro Muramatsu, Yuichiro Yoshikawa, Jiro Shimaya, Ryoichiro Iwanaga, Hiroshi Ishiguro, Tomiki Sumiyoshi, Masaru Mimura, "Brief Report: The Effectiveness of Hugging a Huggable Device before having a Conversation with an Unfamiliar Person for Autism Spectrum Disorders.", Journal of Autism and Developmental Disorders., 2021/7/22, DOI:10.1007/s10803-021-05173-8..
  • 14. B. Wu, C. Liu, C.T. Ishi, H. Ishiguro, "Probabilistic Human-like Gesture Synthesis from Speech using GRU-based WGAN", Proceedings of ICMI2021, 194-201, 2021/10/1, DOI:10.1145/3461615.3485407.
  • 15. Kunran Xu, Rui Lai, Lin Gu, Yishi Li, "Multiresolution Discriminative Mixup Network for Fine-Grained Visual Categorization", IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, 1-13, 2021/10/4, DOI:10.1109/TNNLS.2021.3112768.
  • 16. Ziteng Cui, Guo-Jun Qi, Lin Gu, Shaodi You, Zenghui Zhang, Tatsuya Harada, "Multitask AET with Orthogonal Tangent Regularity for Dark Object Detection", Proceeding of International Conference on Computer Vision (ICCV 2021), 2021/10/11.
  • 17. Faisal Mehmood, "Communication apprehension and eye contact anxiety in video conferences involving teleoperated robot avatars: A subjective evaluation study", Frontiers in Robotics and AI, vol.8, -, 1-12, 2021/11/1, DOI:10.3389/frobt.2021.758177.
  • 18. 新保史生, "個人情報保護法の令和2年及び3年改正とマーケティング・リサーチ産業における対応", 新情報, 109号, 60-66, 2021/11/1.
  • 19. Shun Kiyono, Sosuke Kobayashi, Jun Suzuki, Kentaro Inui, "Shifted Absolute Position Embedding for Transformers", The 2021 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, N/A, N/A, 3309-3321, 2021/11/1, DOI:10.18653/v1/2021.emnlp-main.266.
  • 20. Faisal Mehmood, Hamed Mahzoon, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro, "Communication Apprehension and Eye Contact Anxiety in Video Conferences Involving Teleoperated Robot Avatars: A Subjective Evaluation Study", Frontiers in Robotics and AI, 8, 758177, 758177--, 2021/11/5, DOI:10.3389/frobt.2021.758177.
  • 21. T. Shintani, C.T. Ishi, H. Ishiguro., "Analysis of Role-Based Gaze Behaviors and Gaze Aversions, and Implementation of Robot's Gaze Control for Multi-party Dialogue", Proc. 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2021), -, -, 332-336, 2021/11/9, DOI:https://doi.org/10.1145/3472307.3484653.
  • 22. Kunran Xu, Yishi Li, Huawei Zhang, Rui Lai, Lin Gu, "The etiology of auditory hallucinations in schizophrenia: from multidimensional levels", Frontiers in Neuroscience, section Brain Imaging Methods,, 2021/11/11, DOI:10.3389/fnins.2021.755870.
  • 23. Yifei Huang, Xiaoxiao Li, Lijin Yang, Lin Gu, Yingying Zhu, Hirofumi Seo, Qiuming Meng, Tatsuya Harada, Yoichi Sato, "Leveraging Human Selective Attention for Medical Image Analysis with Limited Training Data", Proceeding of the British Machine Vision Conference (BMVC), 2021/11/22.
  • 24. Sota Misawa; Norihiro Takamune; Tomohiko Nakamura; Daichi Kitamura; Hiroshi Saruwatari; Masakazu Une; Shoji Makino, "Speech enhancement by noise self-supervised rank-constrained spatial covariance matrix estimation via independent deeply learned matrix analysis", APSIPA ASC, 578-584, 2021/12/1.
  • 25. Xuan Luo; Shinnosuke Takamichi; Tomoki Koriyama; Yuki Saito; Hiroshi Saruwatari, "Emotion-Controllable Speech Synthesis Using Emotion Soft Labels and Fine-Grained Prosody Factors", APSIPA ASC, 794-799, 2021/12/1.
  • 26. Takaaki Saeki;Shinnosuke Takamichi;Hiroshi Saruwatari, "Low-latency Incremental Text-to-Speech Synthesis with Distilled Context Estimation Network", 2021 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU), 749-756, 2021/12/1.
  • 27. Toshiko Tanaka , Tsuyoshi Nihonsugi , Fumio Ohtake , Masahiko Haruno, "A message of the majority with scientific evidence encourages young people to show their prosocial nature in COVID-19 vaccination", Scientific Reports, 1, 1-13, 2021/12/1, DOI:10.1038/s41598-021-02230-1.
  • 28. Hiroki Ouchi, Jun Suzuki, Sosuke Kobayashi, Sho Yokoi, Tatsuki Kuribayashi, Masashi Yoshikawa, Kentaro Inui, "Instance-Based Neural Dependency Parsing", Transactions of the Association for Computational Linguistics, Vol. 9, N/A, 1493-1507, 2021/12/1, DOI:10.1162/tacl_a_00439.
  • 29. Jun Baba, Sichao Song, Junya Nakanishi, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro, "Local vs. Avatar Robot: Performance and Perceived Workload of Service Encounters in Public Space", Frontiers in Robotics and AI, 8, -, 377--, 2021/12/3, DOI:https://doi.org/10.3389/frobt.2021.778753.
  • 30. Tsuyoshi Nihonsugi, Toshiko Tanaka, Masahiko Haruno, "Gender differences in guilt aversion in Korea and the United Kingdom", Scientific Reports, 2021/12/15, DOI:10.21203/rs.3.rs-1174693/v1.
  • 31. B. Wu, C. Liu, C.T. Ishi, H. Ishiguro., "Probabilistic Human-like Gesture Synthesis from Speech using GRU-based WGAN", Proc. ICMI '21 Companion: Companion Publication of the 2021 International Conference on Multimodal Interaction, -, -, 194-201, 2021/12/17, DOI:https://doi.org/10.1145/3461615.3485407.
  • 32. Hirokazu Kumazaki, Yuichiro Yoshikawa, Taro Muramatsu, Hideyuki Haraguchi, Hiroko Fujisato, Kazuki Sakai, Yoshio Matsumoto, Hiroshi Ishiguro, Tomiki Sumiyoshi, Masaru Mimura., "Group-Based Online Job Interview Training Program Using Virtual Robot for Individuals With Autism Spectrum Disorders.", Frontiers in Psychiatry, 12, 704564, 2022/1/24, DOI:10.3389/fpsyt.2021.704564.
  • 33. Changzeng Fu, Qi Deng, Jingcheng Shen, Hamed Mahzoon, Hiroshi Ishiguro, "A Preliminary Study on Realizing Human–Robot Mental Comforting Dialogue via Sharing Experience Emotionally", Sensors, 22, 3, 991--, 2022/1/27, DOI:https://doi.org/10.3390/s22030991.
  • 34. Juntao Guan,Rui Lai, Huanan Li, Yintang Yang, Lin Gu, "DnRCNN: Deep Recurrent Convolutional Neural Network for HSI Destriping", IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, 2022/1/31, DOI:10.1109/tnnls.2022.3142425.
  • 35. Hiromichi Kamata, Yusuke Mukuta, Tatsuya Harada, "Fully Spiking Variational Autoencoder", Thirty-Sixth AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI), 2022/2/1.
  • 36. 新保史生, "サイバーフィジカル社会到来に向けた法的課題とビジネスへの活用可能性", ビジネス法務, 22, 4, 2022/2/1.
  • 37. 湯淺墾道, "インターネット選挙運動に関する近時の論点", 月刊選挙, 75, 2, 11-19, 2022/2/1.
  • 38. Nishiumi S., Izumi Y., Hirayama A., Takahashi M, Nakao M, Hata K, Saigusa D, Hishinuma E, Matsukawa N, M Tokuoka S, Kita Y, Hamano F, Okahashi N, Ikeda K, Nakanishi H, Saito K, Yokota Hirai M, Yoshida M, Oda Y, Matsuda F, Bamba T., "Comparative evaluation of plasma metabolomic data from multiple laboratories", Metabolites, 12, 2, Article number 135-N/A, 2022/2/1, DOI:10.3390/metabo12020135.
  • 39. Kunran Xu, Yishi Li, Huawei Zhang, Rui Lai, Lin Gu, "EtinyNet: Extremely Tiny Network for TinyML", Proceeding of AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI), 2022/2/22.
  • 40. Yishi Li, Kunran Xu, Rui Lai, Lin Gu, "Towards an Effective Orthogonal Dictionary Convolution Strategy", Proceeding of AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI), 2022/2/22.
  • 41. Atsushi Ito, Yukiko I. Nakano, Fumio Nihei, Tatsuya Sakato, Ryo Ishii, Atsushi Fukayama, and Takao Nakamura, "Predicting Persuasiveness of Participants in Multiparty Conversations", Proceedings in 27th International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI '22 Companion), 85-88, 2022/3/1, DOI:https://doi.org/10.1145/3490100.3516466.
  • 42. 小塚荘一郎・石井夏生利・上野達弘・中崎尚・茂木信二, "仮想空間ビジネス", ジュリスト, 1568, 62-85, 2022/3/1.
  • 43. Kazuma Mori, Masahiko Haruno, "Resting functional connectivity of the left inferior frontal gyruswith the dorsomedial prefrontal cortex and temproparietal junction reflects the social ntwork size for active interactions", Human Brain Mapping, 2022/3/9, DOI:10.1002/hbm.25822.
  • 44. 原田悠斗, 青木達哉, 堀井隆斗, 長井隆行, "ホームロボットによる物体姿勢推定のための仮想空間での推論に基づく視点計画", 日本ロボット学会誌, 40, 4, 1-4, 2022/3/10.

Books and Other Publications

  • 1. 熊﨑博一, "ロボットを用いた精神疾患治療の可能性", 精神科Resident, 2, 2, 89-91, 2021/4/1.
  • 2. 春野雅彦, "緊張から生じる系列意思決定の成績低下と背側前帯状皮質", CLINICAL NEUROSCIENCE, vol.39, no.8, 1003-1007, 2021/8/1.
  • 3. 熊﨑博一, "新しい治療の試み ―ロボット研究の現状. 今後の課題", 発達障害の患者学 治す医療から治し支える医療へ, 113-122, 2021/8/16.
  • 4. 水野 林,小林由佳,河岡慎平, "10x Visiumによる空間トランスクリプトーム解析", 実験医学, 39, 14, 1906/01/08-1906/01/12, 2021/8/20.
  • 5. 神田 崇行, "モラルコンピューティングの研究開発", 人工知能学会誌, vol. 36, No. 5, 564-569, 2021/9/1, 10.11517/jjsai.36.5_564.
  • 6. 熊崎博一, "精神科におけるヒューマノイドの潜在性", 医学のあゆみ, 278, 11, 948-951, 2021/9/11.
  • 7. 塩見昌裕、住岡英信, "人とロボットの触れ合いインタラクション研究のこれまでとこれから", 計測と制御, vol. 61, No. 3, 183-187, 2022/3/10, https://doi.org/10.11499/sicejl.61.183.

Conference (Oral)

  • 1. 和泉自泰, "メタボロミクスデータ統合に向けた施設間比較の検証と今後の課題", 第69回 質量分析総合討論会, Web開催, 2021/5/19.
  • 2. 今戸優理、油屋駿介、高橋政友、中谷航太、相馬悠希、和泉自泰、馬場健史, "LC/MSを基盤とした血漿メタボローム分析法の性能評価", 第69回 質量分析総合討論会, Web開催, 2021/5/19.
  • 3. 鍬田雅輝、松本吉央、熊﨑博一、吉川雄一郎, "アンドロイドを用いたASD児向け自律対話訓練システムの構築", ROBOMECH2021, WEB開催, 2021/6/6.
  • 4. 植田有咲, Aly Magassouba, 平川翼, 山下隆義, 藤吉弘亘, 杉浦孔明, "生活支援ロボットによる物体配置タスクにおけるTransformer PonNetに基づく危険性予測および可視化", 2021年度 人工知能学会全国大会, オンライン, 2021/6/8.
  • 5. 神原元就, 杉浦孔明, "Case Relation Transformerに基づく対象物体及び目標領域の参照表現を含む物体操作指示文生成", 2021年度 人工知能学会全国大会, オンライン, 2021/6/8.
  • 6. 石川慎太朗, 杉浦孔明, "Target-dependent UNITERに基づく対象物体に関する参照表現を含む物体操作指示理解", 2021年度 人工知能学会全国大会, オンライン, 2021/6/8.
  • 7. 熊﨑博一, 吉川雄一郎, 松本吉央, "精神科医療におけるロボットと患者様の共生", 第35回人工知能学会全国大会., WEB開催, 2021/6/8.
  • 8. 宮澤 和貴, "GPT-2を用いた人の動作予測", 人工知能学会全国大会, オンライン, 2021/6/9.
  • 9. 川崎 光一朗, 宮澤 和貴, 堀井 隆斗, 長井 隆行, "VQ-VAEとGPT-2による予測制御を用いたロボットのリアルタイム動作模倣", 人工知能学会全国大会, オンライン, 2021/6/9.
  • 10. 藏富壮留, Jason Palmer, Peng Chen, Yinlai Jiang, 横井浩史, 平田雅之, "頭蓋内脳波を用いたブレインマシンインターフェース によるロボットアームの3次元リアルタイム制御 Real-time 3D control of a robot arm based on a brain-machine interface using intracranial EEG", 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会, オンライン開催, 2021/6/15.
  • 11. Yukiko Horikawa, Takahiro Miyashita, "Social demonstration experiments and Corporate Consortium for Avatar Symbiotic Society", Object Management Group 2021 Q2 Technical Meeting, オンライン開催, 2021/6/16.
  • 12. Takashi Yoshimi, "Standardization for Cybernetic Avatar (CA) in Moonshot Project", Object Management Group 2021 Q2 Technical Meeting, Zoom, 2021/6/16.
  • 13. 宮下 敬宏, "工学とは何か?ロボット研究者の立場から", 奈良女子大学主催-工学部および奈良カレッジズ キックオフシンポジウム-「人とは何か?工学の未来」でのパネルディスカッション, 奈良女子大学、オンライン, 2021/6/19.
  • 14. 阿多 健史郎, 西村 優祐, 岡留 有哉, 中村 泰, 石黒 浩, "インタラクションの振る舞い識別システムに対するPretextタスクに関する検討", ニューロコンピューティング研究会, オンライン, 2021/6/21.
  • 15. 髙城頌太(阪大)・中村 泰・岡留有哉(理研)・西村優佑・石黒 浩(阪大), "インタラクションにおける顔動作対生成モデルの開発", 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会, オンライン, 2021/6/29.
  • 16. 谷口忠大, "Developing Semiotically Adaptive Cognition is Indispensable for Realizing Remotely Operated Service Robots in New Normal Society", IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO2021), Online, 2021/7/10.
  • 17. 新保史生, "「EUのAI整合規則提案 ー新たなAI規制戦略の構造・意図とブリュッセル効果の威力ー」", 「第5回情報法制シンポジウム」, オンライン, 2021/7/12.
  • 18. Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro, "Android Printing: Towards On-Demand Android Development Employing Multi-Material 3-D Printer", IEEE International Conference on Humanoids, Munich, Germany, 2021/7/21.
  • 19. Hideki Tanaka, Hiroshi Ishiguro, Kohei Ogawa, "Standard Dialogue Structure and Frequent Patterns in the Agent Dialogue System", 9th International Conference, DAPI 2021, Held as Part of the 23rd HCI International Conference, HCII 2021, Washington D.C, USA (Virtual Event), 2021/7/28.
  • 20. Junya Nakanishi, Tomohisa Hazama, Jun Baba, Sichao Song, Yuichiro Yoshikawa, and Hiroshi Ishiguro, "Exploring Possibilities of Social Robot’s Interactive Services in a Case of a Hotel Room", The 30th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2021), VIRTUAL CONFERENCE, 2021/8/11.
  • 21. Faisal Mehmood, Hamed Mahzoon, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro, "An interactive response strategy involving a robot avatar in a video conference system for reducing the stress of response time management in communication.", 30th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (ROMAN-2021))., Online (Vancouver, Canada), 2021/8/11.
  • 22. 前田昌志, 吉川雄一郎, 酒井和紀, 熊崎博一, 石黒浩, 上出寛子, 松浦直己, "社会的対話ロボットが第4学年「夏の星」の授業に与える影響", 第35回天文教育研究会, online, 2021/8/22/24.
  • 23. 新保史生, "サイバネティック・アバターの存在証明 - ロボット/AI/サイバー・フィジカル社会に向けたアバター法の幕開け- 研究開発課題5:アバター法の研究", アバター共生社会企業コンソーシアム・アバター社会倫理コンソーシアムキックオフシンポジウム, オンライン, 2021/8/27.
  • 24. 河岡慎平, "Remote solid cancers rewire hepatic nitrogen metabolism via host nicotinamide-N-methyltransferase", Cancer Cachexia Conference 2021, Virtual, 2021/8/29.
  • 25. Carlos T. Ishi, "Analysis of eye gaze reasons and gaze aversions during three-party conversations", 22nd Annual Conference of the International Speech Communication Association (Interspeech 2021), Czech (Online), 2021/9/2.
  • 26. 佐伯高明, "大規模言語モデルの知識蒸留によるコンテキスト推定モデルを用いた低遅延逐次音声合成", 日本音響学会2021年秋季研究発表会, オンライン, 2021/9/7.
  • 27. 近藤祐斗, "多変量一般化Gauss分布に基づくランク制約付き空間共分散行列推定法における雑音欠落ランク空間基底推定", 日本音響学会2021年秋季研究発表会, オンライン, 2021/9/7.
  • 28. 兼田寛大, 神原元就, 杉浦孔明, "Bilingual Case Relation Transformerに基づく複数言語による物体操作指示文生成", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/8.
  • 29. 畑中駿平, 上田雄斗, 植田有咲, 平川翼, 山下隆義, 藤吉弘亘, 杉浦孔明, "生活支援ロボットによる物体配置タスクにおける危険性予測および視覚的説明生成", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/8.
  • 30. 飯田紡, 九曜克之, 石川慎太朗, 杉浦孔明, "物体指示理解タスクにおけるクロスモーダル言語生成に基づくデータ拡張", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/8.
  • 31. 石井カルロス寿憲, "3者対話における視線の理由と視線逸らしの分析", 日本音響学会2021年秋季研究会, オンライン, 2021/9/9.
  • 32. 吉田武史, 長野匡隼, 中村友昭, "ガウス過程を用いた方策探索に基づく動作軌 道の学習", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/9.
  • 33. 兼近晃徳, "自然な発話文教示に基づく弱教師あり物体領域分割の検証", 第39回日本ロボット学会学術講演会, Online, 2021/9/9.
  • 34. 中島毅士, "場所概念獲得がloop closure性能に及ぼす影響評価", 第39回日本ロボット学会学術講演会, Online, 2021/9/9.
  • 35. 林歩美,安在絵美,才脇直樹,住岡英信,塩見昌裕,, "自己接触動作に伴う応援発話がもたらすストレス耐性向上効果の検証", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/10.
  • 36. 上原悠輝, 酒井和紀, 吉川雄一郎, 石黒浩, "非言語応答の半自律生成機能を持つ社会的複数CGアバター対話システムの評価", 第39回日本ロボット学会学術講演会, online, 2021/9/10.
  • 37. 石井カルロス寿憲, "表情豊かなアンドロイドを用いた感情音声に伴う表情の動的特徴の制御に向けて", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/10.
  • 38. 原田 悠斗, 青木 達哉, 堀井 隆斗, 長井 隆行, "ホームロボットによる物体姿勢推定のための仮想空間での推論に基づく視点計画", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/10.
  • 39. 長野匡隼, 岩田健輔, 平川拓実, 吉田武史, 青木達哉, 中村友昭, 長井隆行, "ROS1による複数ロボットの協調制御の実現", 第39回日本ロボット学会学術講演会, オンライン, 2021/9/10.
  • 40. 長谷川翔一, "確率論理と場所概念モデルの結合による確率的プランニング", 第39回日本ロボット学会学術講演会, Online, 2021/9/10.
  • 41. 松永裕太, "講演音声におけるフィラーの出現傾向と個人性に関する分析", 日本音声学会第35回全国大会, オンライン, 2021/9/25.
  • 42. Chinenye A. Ajibo, "Advocating Attitudinal Change Through Android Robot's Intention-Based Expressive Behaviors: Toward WHO COVID-19 Guidelines Adherence", IROS 2021, Czech (online), 2021/9/28.
  • 43. Changzeng Fu, "Using an Android Robot to Improve Social Connectedness by Sharing Recent Experiences of Group Members in Human-Robot Conversations", IROS 2021, Czech (online), 2021/9/28.
  • 44. Yukiko Horikawa, Takahiro Miyashita, "Cybernetic Avatar's Use Cases in Daily Life", Object Management Group 2021 Q3 Technical Meeting, オンライン開催, 2021/9/28.
  • 45. Takashi Yoshimi and Koji Kamei, "RoSO/RoIS Roadmap and Discussion", Object Management Group 2021 Q3 Technical Meeting, Zoom Online, 2021/9/28.
  • 46. Kota Maehama, Jani Even, Carlos Toshinori Ishi and Takayuki Kanda, "Enabling Robots to Distinguish Between Aggressive and Joking Attitudes", 2021 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2021), Prague, Czech Republic (on-line), 2021/9/28.
  • 47. Jérôme Dinet, Hanna Verdel, Hirokazu Kumazaki, Kazunori Terada, Sylvie Vitel, Eloïse Zehnder., "A Hybrid Robotic System for Children with Autism: A longitudinal Study of Social Interaction in Classroom.", ERGO-IA’., Biarritz. France., 2021/10/1.
  • 48. B. Wu, C. Liu, C.T. Ishi, H. Ishiguro, "Probabilistic Human-like Gesture Synthesis from Speech using GRU-based WGAN", Proc. ICMI '21 Companion: Companion Publication of the 2021 International Conference on Multimodal Interaction, Montreal,Canada, 2021/10/18.
  • 49. 宇田川 健太, "人間の知覚評価フィードバックによる音声合成の話者適応", 音声研究会, zoom, 2021/10/19.
  • 50. 藤井 一貴, "韻律情報で条件付けされた非自己回帰型End-to-End日本語音声合成の検討", 音声研究会, zoom, 2021/10/19.
  • 51. Bowen Wu, "Probabilistic Human-like Gesture Synthesis from Speech using GRU-based WGAN", 23rd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2021) - GENEA Workshop 2021: Generation and Evaluation of Non-verbal Behaviour for Embodied Agents, Online, 2021/10/22.
  • 52. 藏富壮留,Palmer Jason,陳鵬,姜銀来,横井浩史,平田雅之, "頭蓋内脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェースによるロボットアームの 3 次元リアルタイム制御", 第8回日本BMI研究会, WEB開催, 2021/11/6.
  • 53. Ayaka Ueda, "Expression of Robot’s Emotion and Intention Utilizing Physical Positioning in Conversation", Proceedings of the 9th International Conference on Human-Agent Interaction, オンライン, 2021/11/9.
  • 54. Taiken Shintani, "Analysis of Role-Based Gaze Behaviors and Gaze Aversions, and Implementation of Robot's Gaze Control for Multi-party Dialogue", 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2021), Nogoya (online), 2021/11/9.
  • 55. 宮下 敬宏, "アバター共生社会に向けた実社会実証実験", ATRオープンハウス2021, オンライン, 2021/11/11.
  • 56. 太田 陽, "アバター市場創出に向けたアバター共生社会企業コンソーシアム", ATRオープンハウス2021, オンライン, 2021/11/11.
  • 57. 宮下 敬宏, "誰もが自在に活躍できるアバター共生社会の実現", ATRオープンハウス2021, オンライン, 2021/11/11.
  • 58. 住岡英信, "多層生体情報から読み解くアバターの生体影響", ATRオープンハウス2021, オンライン開催, 2021/11/12.
  • 59. Nitchan Jianwattanapaisarn, "Analysis of Non-Straight Walking Human Gaits in Different Emotions", Workshop on Computation: Theory and Practice, リモート, 2021/11/27.
  • 60. 新保史生, "サイバネティック・アバターの研究開発と社会実装に向けた課題", 情報ネットワーク法学会第21回研究大会 第B2分科会 「第7回ロボット法研究会」, オンライン, 2021/11/27.
  • 61. 久木田水生, "モラル行動の研究", 情報ネットワーク法学会第21回研究大会「第7回ロボット法研究会」, オンライン, 2021/11/27.
  • 62. 湯淺墾道, "選挙におけるアバター利用の法的課題", 情報ネットワーク法学会2021年度研究大会, オンライン, 2021/11/27.
  • 63. 湯淺墾道, "アバターの社会実装課題研究", 情報ネットワーク法学会2022年度研究大会, オンライン, 2021/11/27.
  • 64. 新保史生、中野由紀子、久木田水生、湯淺墾道、石井夏生利, "サイバネティック・アバターの研究開発と社会実装に向けた課題", 情報ネットワーク法学会, オンライン, 2021/11/27.
  • 65. 山下紗苗, 東中竜一郎, "雑談に介入する際に必要な対話要約の調査", 人工知能学会研究会資料 言語・音声理解と対話処理研究会, オンライン, 2021/11/29.
  • 66. 新保史生, "Effective Data Protection and Security", 2021 Barun ICT Research & ISACA Korea Conference, オンライン, 2021/12/3.
  • 67. 平野貴司, Elie Maalouly, 西尾修一, 石黒浩, "対話エージェント遠隔操作による高齢者就労支援:プロトタイプ開発と実証実験の初期結果報告", 電子情報通信学会 福祉情報工学研究会, オンライン開催, 2021/12/8.
  • 68. Takashi Yoshimi and Koji Kamei, "Standardization for CA in Moonshot Project and RoSO/RoIS Roadmap, RoSO/RoIS discussion", Object Management Group 2021 Q4 Technical Meeting, Zoom Online, 2021/12/9.
  • 69. 佐伯 高明, "Low-latency Incremental Text-to-Speech Synthesis with Distilled Context Estimation Network", IEEE ASRU2021, zoom, 2021/12/13.
  • 70. 羅 旋, "Emotion-Controllable Speech Synthesis Using Emotion Soft Labels and Fine-Grained Prosody Factors", APSIPA-ASC 2021, zoom, 2021/12/14.
  • 71. 三澤 颯大, "Speech enhancement by noise self-supervised rank-constrained spatial covariance matrix estimation via independent deeply learned matrix analysis", APSIPA-ASC 2021, zoom, 2021/12/14.
  • 72. Taichi Naito, "Action Feasibility Based Pragmatic Understanding of Ambiguous Instructions by Service Robots", 2022 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII), Narvik, Norway / Online, 2022/1/9-12.
  • 73. A. Singh Rathore, "Human Action Categorization System using Body Pose Estimation for Multimodal Observations from Single Camera", 2023 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII), Narvik, Norway / Online, 2022/1/9-12.
  • 74. 新保史生, "EUにおけるAI政策の構造と今後の展開", 日本工学アカデミー 第5回EAJフォーラム, オンライン, 2022/1/14.
  • 75. 西村 祥吾, "[会場開催]バーチャル技術をビジネス活用! -バーチャルアバター編-", ソフト産業プラザ TEQS セミナー・イベント, アジア太平洋トレードセンター, 2022/1/14.
  • 76. Kazuya Horibe, Yuanxiang Fan, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro, "Investigating the impact of free energy based behavior on human in human-agent interaction", 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics, オンライン, 2022/1/25.
  • 77. 石井夏生利, "AIとプライバシー ムーンショット型研究開発事業の研究紹介", 総務省情報通信政策研究所 情報通信法学研究会 AI分科会, 総務省(オンライン), 2022/1/27.
  • 78. 秋吉拓斗, 住岡英信, 熊﨑博一, 中西惇也, 塩見昌裕, 加藤博一., "精神科デイケアにおける考え方の整理を支援するロボットの開発に向けた印象調査.", インタラクション2022, WEB開催, 2022/2/28.
  • 79. 本田秀仁, 熊﨑博一, 植田一博., "自閉症者の不確実性理解と意思決定: 言語的確率表現を用いた実験的検証.", 認知インタラクション学会, WEB開催, 2022/2/28.
  • 80. Bumjun Jun, Lin Gu, Tatsuya Harada, "Graph interaction for automated diagnosis of thoracic disease using x-ray images", SPIE Medical Imaging, San Diego, USA, 2022/2/28.
  • 81. 仲井 佑友輔, "多話者音声合成のためのAdversarial Regularizerを考慮した学習アルゴリズム", 音声研究会, zoom, 2022/3/1.
  • 82. 松永 裕太, "個人別自発音声合成の実現に向けたフィラーの言語学的知識に基づく実験的研究", 音声言語情報処理研究会, zoom, 2022/3/1.
  • 83. 川井悠生, 山本賢太, Lala Divesh, 井上昂治, 河原達也., "回答評価とキーワード抽出を用いた同時並列就職面接対話システム", 情報処理学会全国大会, オンライン, 2022/3/3.
  • 84. 村木優介, 山本賢太, Lala Divesh, 井上昂治, 河原達也., "半自律並列プレゼン対話システムのための質問分類による 介入タイミング制御.", 情報処理学会全国大会, オンライン, 2022/3/3.
  • 85. 宇田川 健太, "人間の知覚評価をフィードバックに用いた音声合成の話者適応における探索手法の検討", 日本音響学会2022年春季研究発表会, zoom, 2022/3/9.
  • 86. Sichao Song, Jun Baba, Junya Nakanishi, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro, "Costume vs. Wizard of Oz vs. Telepresence: How Social Presence Forms of Tele-operated Robots Influence Customer Behavior", 2022 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, Sapporo, Hokkaido, Japan, 2022/3/10.
  • 87. 高道 慎之介, "JTubeSpeech:音声認識と話者照合のためにYouTubeから構築される日本語音声コーパス", 言語処理学会第28回年次大会, zoom, 2022/3/14.
  • 88. 中野 嘉文, "画像文字からの音声合成", 言語処理学会第28回年次大会, zoom, 2022/3/14.
  • 89. 赤間怜奈, 磯部順子, 鈴木潤, 乾健太郎, "規範的な日本語日常対話コーパスの設計", 言語処理学会, オンライン, 2022/3/15.
  • 90. 山下紗苗, 東中竜一郎, "対話介入実験による対話の引き継ぎに有用な情報の調査", 言語処理学会 第28回年次大会, オンライン, 2022/3/15.
  • 91. 清野舜, 小林颯介, 鈴木潤, 乾健太郎, "シフト付き絶対位置埋め込み", 言語処理学会, オンライン, 2022/3/16.
  • 92. 挾間智久, 中西惇也, 馬場惇, 吉川雄一郎, 石黒浩, "複数の目標の話題に誘導するための話題戦略並列実行アーキテクチャ", 第27回ロボティクスシンポジア, オンライン, 2022/3/16.
  • 93. 石井夏生利, "アバターのプライバシー問題", 東京財団政策研究所/中央大学ELSIセンター共催シンポジウム, 中央大学国際情報学部(配信はオンライン), 2022/3/17.
  • 94. Takashi Yoshimi and Koji Kamei, "RoSO/RoIS Roadmap and instruction for submission, RoSO/RoIS discussion", Object Management Group 2022 Q1 Technical Meeting, Zoom Online, 2022/3/24.

Conference (Poster)

  • 1. Elena Skoullou, "Dynamic functional connectivity patterns caused by acute stress", Human Brain Mapping 2021, オンライン, 2021/6/21-25.
  • 2. 藤原 万櫻, "性格特性ビッグデータに基づく高AQサブグループの同定", 日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター, 2021/7/28.
  • 3. 齋藤佑樹, "End-to-End ⾳声合成の Continual Learning における破滅的忘却の影響の調査", 日本音響学会2021年秋季研究発表会, オンライン, 2021/9/7.
  • 4. 三澤颯太, "独立深層学習行列分析を用いたランク制約付き空間共分散行列推定による音声強調", 日本音響学会2021年秋季研究発表会, オンライン, 2021/9/8.
  • 5. Manzi, F., Ishikawa, M., Itakura, S., Kanda, T., Ishiguro, H., Di Dio, C., Massaro D., & Marchetti, "Adults' use of the referential nature of gaze to infer preference in human and robot", Workshop at IROS2021, Prague, 2021/10/1.
  • 6. Takahisa Uchida, Nicolas Lair, Hiroshi Ishiguro, Peter Ford Dominey, "Not all inference is the same : Dissociable forms of human inference during narrative comprehension revealed by NLP language models", 13th Annual Meeting of the Society for the Neurobiology of Language (SNL2021), Virtual, 2021/10/6.
  • 7. Yuta Nitada, Yuichiro Yoshikawa, Alexis Meneses, Hiroshi Ishiguro, "Enhancing Sense of Attention from a Communication Robot by Drawing the User's Face on Its Thought Bubble in the Video Conferencing System", The 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI ’21), Virtual Event, Japan, 2021/11/9.
  • 8. T. Shintani, C.T. Ishi, H. Ishiguro, "Analysis of Role-Based Gaze Behaviors and Gaze Aversions, and Implementation of Robot's Gaze Control for Multi-party Dialogue", The 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI ’21), Online, 2021/11/9.
  • 9. Carlos T. Ishi, Hiroshi Ishiguro, "Analysis of Role-Based Gaze Behaviors and Gaze Aversions, and Implementation of Robot’s Gaze Control for Multi-party Dialogue", The 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI ’21), Online, 2021/11/10.
  • 10. David Achanccaray, "Development of a teleoperation simulation with a multimodal feedback interface for social tasks", 第1回「アバター共生社会」課題推進者会議, 千里ライフサイエンスセンター, 2022/1/4.
  • 11. Ayumi Hayashi, Emi Anzai, Naoki Saiwaki, Hidenobu Sumioka, Masahiro Shiomi, "Does Encouraging Self-touching Behaviors with Supportive Voices Increase Stress-buffering Effects?", The 17th Annual ACM/IEEE International Conference on Human- Robot Interaction, オンライン, 2022/3/9.

Invited talks

  • 1. 石黒浩, "人と関わるロボットと未来社会 -アバターで変わるコロナ禍後の社会-", 第80回日本医学放射線学会総会, オンライン, 2021/4/15.
  • 2. 石黒浩, "人と関わるロボットと未来社会 -アバターで変わるコロナ禍後の社会-", 第80回日本医学放射線学会総会, 横浜, 2021/4/16.
  • 3. 石黒浩, "Beyond SDGs シリーズ第一弾 SDGs×万博 いのちについて忘れがたい体験を作る~我々はなぜロボットに共感するのか~", 日本総研オンライン座談会, オンライン, 2021/4/23.
  • 4. 石黒浩, "進化するコミュニケーション〜食と笑いの共有〜", 超異分野学会, オンライン, 2021/4/24.
  • 5. 石黒浩, "人と関わるロボットと未来社会 -アバターで変わるコロナ禍後の社会-", 日本呼吸器学会総会, 東京, 2021/4/24.
  • 6. 石黒浩, "人間とバーチャルの接点–ロボット研究から見えてきた共生・共創・共感の未来」 ~アバターが変える、顧客サービス、顧客体験の近未来~", 文藝春秋カンファレンス, オンライン, 2021/4/26.
  • 7. 石黒浩, "大阪・関西万博への取り組み テーマ:いのちを拡げる", 大阪ロータリークラブ, 大阪, 2021/5/7.
  • 8. Hiroshi Ishiguro, "Interactive Robots and Our Future Society", 大阪大学90周年事業特別講義, オンライン, 2021/5/10.
  • 9. 春野雅彦, "コロナ時代の心を計測する", 第422回CBI学会講演会, オンライン, 2021/5/14.
  • 10. 石黒浩, "大阪・関西万博“いのちを拡げる”", EXPO PLL Talks, 東京都庁, 2021/5/19.
  • 11. 石黒浩, "糖尿病患者のこころがわかるロボットの開発は可能か?", 日本糖尿病学会年次学術集会, オンライン, 2021/5/22.
  • 12. 石黒浩, "アバターと大阪・関西万博", ロータリーデー, オンライン, 2021/5/29.
  • 13. Fumio shimpo, "Significance of the Framework for the Smooth Transfer of Personal Data based on the Mutual Adequacy Findings between the EU and Japan 「日EU間の相互の円滑な個人データ移転を図る枠組みの意義」", Online Symposium on the occasion of the 5th anniversary of the GDPR, 在独日本企業におけるデータ漏洩とサイバー攻撃〜GDPR5周年記念 オンラインシンポジウム〜, オンライン, 2021/6/9.
  • 14. 長井隆行, 原田研介, 石黒浩, 細田 耕, "ロボティクスと人工知能 ~知能システム学的視点~", JSAI2021チュートリアル講演, オンライン, 2021/6/10.
  • 15. 長井隆行, "ロボット学習のその先にあるものとは? ~自律ロボットの説明性という視点~", NVIDIA AI DAYS, オンライン, 2021/6/17.
  • 16. 宮下敬宏, "工学とは何か?ロボット研究者の立場から", 奈良女子大学 工学部および奈良カレッジズ キックオフシンポジウム, オンライン開催, 2021/6/19.
  • 17. 高道慎之介, "音声合成のコーパスをつくろう", Tokyo BISH Bash #5, オンライン, 2021/6/23.
  • 18. 石黒浩, "アバターと未来社会", 日経スマートワーク経営フォーラム特別セミナー, オンライン, 2021/6/25.
  • 19. 谷口忠大, "Symbol Emergence in Robotics: Probabilistic Generative Models for Realizing Real-world Cognition", Fifth International Workshop on Symbolic-Neural Learning (SNL-2021), Online, 2021/6/30.
  • 20. 石黒浩, "アバターと万博と未来社会", 公認会計士の日記念セミナー, オンライン, 2021/7/1.
  • 21. 石黒浩, "ロボットの応用について", 札幌市立大学公開講座, 札幌, 2021/7/3.
  • 22. 石黒浩, "アバターによってどのような未来社会が実現できるか", 朝日新聞講演, 大阪, 2021/7/13.
  • 23. 神田 崇行, "Social robots in public space", RSS Workshop on Social Robot Navigation, オンライン(zoomウェビナー), 2021/7/14.
  • 24. Hiroshi Ishiguro, "Avatar Symbiotic Society After Corona (COVID-19) Related Crisis", Engineering a Digital Future, オンライン, 2021/7/17.
  • 25. 石黒浩, "人間がロボットになることを阻むもの", 日本学術会議環境知能分科会シンポジウム, オンライン, 2021/7/19.
  • 26. 河岡慎平, "生体情報の統合的な解読とその応用", 新学術領域「性スペクトラム」 第5回領域会議, 名古屋大学, 2021/7/31.
  • 27. 春野雅彦, "Functional connectivity basis and underlying cognitive mechanisms for gender differences in guilt aversion", CJL第1回国際会議, オンライン, 2021/7/31.
  • 28. 原田達也, "画像認識の最先端とその医療応用", Cardiovascular Imaging Summit, オンライン, 2021/8/21.
  • 29. Takayuki Nagai, "From Intelligence to Creativity", IEEE ICDL2021, keynote, オンライン, 2021/8/24.
  • 30. 住岡英信, "コミュニケーションロボットによる生体影響の調査について", 第4回 新学術「代謝統合オミクス」若手会, オンライン開催, 2021/8/24.
  • 31. 宮下敬宏, "誰もが自在に活躍できるアバター共生社会の実現に向けて", 日本ロボット工業会・エンタテインメントロボットフォーラム, オンライン開催, 2021/8/25.
  • 32. 長井隆行, "これからのロボットに必要なものとは? ~自律ロボットの説明性という視点~", 関西ロボットワールド2021, セミナー講演, オンライン, 2021/8/26.
  • 33. 神田 崇行, "モラルコンピューティングの研究開発", アバター共生社会企業コンソーシアム、アバター社会倫理コンソーシアム、キックオフシンポジウム, オンライン(zoomウェビナー), 2021/8/27.
  • 34. 石黒浩, "アバターと未来社会", CREST共生インタラクションシンポジウム, オンライン, 2021/8/30.
  • 35. Takayuki Nagai, "What is the role of the next generation of cognitive robotics?", IEEE ICDL2021 Workshop on Grand Challenges of Next-Generation Cognitive and Developmental Robotics, オンライン, 2021/8/30.
  • 36. 長井隆行, "インタラクションのフィールドと計算モデルをつなぐ", 日本認知科学会第38回大会, OS行動実験と計算機シミュレーションの接続 −認知的インタラクションフレームワークの構築に向けて−, オンライン, 2021/9/5.
  • 37. Hiroshi Ishiguro, "Avatar and Future Society", Avatar Inclusive Society, オンライン, 2021/9/7.
  • 38. Fumio shimpo, "The Importance of Smooth Data Usage and the Protection of Privacy in the Age of AI, the IoT and Autonomous Robots", 10th Asia Privacy Bridge (APB) Forum hosted by the Barun ICT Research Center of Yonsei University, オンライン, 2021/9/9.
  • 39. 石黒浩, "アバターとコロナ後の社会", 中部大学フェア2021, 春日井, 2021/9/16.
  • 40. 石黒浩, "いのちの未来", 夢洲新産業・都市創造セミナー『万博プロデューサーとの共創~未来を共に創るBeyond SDGs万博に向けて』, 大阪, 2021/9/17.
  • 41. Hiroshi Ishiguro, "Interactive Robots and Our Future Society", Eurasian Media Forum, オンライン, 2021/9/17.
  • 42. 石黒浩, "ロボットと未来社会", 三重大学教育学部附属小学校シンポジウム, 津, 2021/9/17.
  • 43. Hiroshi Ishiguro, "Interactive Robots and Our Future Society", Sparks forum, オンライン, 2021/9/17.
  • 44. 熊﨑博一, "発達障害者へのロボットを用いた支援の潜在性", 日本特殊教育学会第59回大会, WEB開催, 2021/9/18.
  • 45. 吉川雄一郎, "精神科治療を目指した対話技術開発", 第117回日本精神神経学会学術総会, 国立京都国際会館, 2021/9/19.
  • 46. 熊﨑博一, "精神障害者へのロボット介入の潜在性", 第117回日本精神神経学会学術総会, WEB開催, 2021/9/19.
  • 47. 石黒浩, "ロボット研究と人間理解、そして今後", 看護学科開設10周年記事業, 大阪, 2021/9/25.
  • 48. 熊﨑博一, "発達障害者へのヒューマノイドロボットを用いた支援の潜在性", 第45回日本神経心理学会学術集会., WEB開催, 2021/9/29.
  • 49. 住岡英信, "Human-Robot Deep Interaction", CiNet Friday Lunch Seminar, オンライン開催, 2021/10/1.
  • 50. 和泉自泰, "質量分析を基盤とした神経幹細胞のマルチオミクス解析", 第64回 日本神経化学会大会, Web開催, 2021/10/1.
  • 51. 和泉自泰, "定量リピドーム分析によるエクソソーム解析", 第15回メタボロームシンポジウム, Web開催, 2021/10/14.
  • 52. 河岡慎平, "Circadian disruption in diseases: an approach from enhancer genetics.", Liason Lab Research Conference, Instutite of Molecular Embryology and Genetics, Kumamoto University., Zoom (熊本大学), 2021/10/22.
  • 53. 河岡慎平, "Multi-omics approach for understanding human physiology.", Measuring mental-health change: brain, physiology, and gene, Tohoku University., Zoom (東北大学), 2021/10/29.
  • 54. 河岡慎平, "Understanding host pathophysiology in cancers using multi-omics and genetics.", The 16th International Symposium of the Institute Network for Biomedical Sciences., Zoom (熊本大学), 2021/11/11-12.
  • 55. Hiroshi Ishiguro, "Interactive intelligent robots and our future", International Conference in Logic, Quantum Computing, and Artificial Intelligence 2021, オンライン, 2021/11/18.
  • 56. 谷口 忠大, "Generative Models for Symbol Emergence based on Real-World Sensory-motor Information and Communication", 15th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary Research (CMMR), Online, 2021/11/18.
  • 57. 長井隆行, "自律ロボットの説明性と対話システム", 第12回対話システムシンポジウム, オンライン, 2021/11/30.
  • 58. Hiroshi Ishiguro, "Interactive robots and our future society", Sparks!Forum2021, オンライン, 2021/12/20.
  • 59. 宮下 敬宏, "サイバネティックアバター技術 誰もが自在に活躍できる未来を創るために", 芝浦工業大学・電気工学ゼミナール(特別講義), オンライン, 2022/1/12.
  • 60. 宮下 敬宏, "誰もが自在に活躍できるアバター共生社会の実現に向けて ~サイバネティックアバター基盤~", センシング技術応用研究会 第218回, オンライン, 2022/1/17.
  • 61. 宮下 敬宏, "ロボットのインタラクション先端研究の紹介 これからのロボット~クラウドロボティクスとELSI~", 京都次世代ロボット等人材アカデミー 『HubROBO』, オンライン, 2022/2/14.
  • 62. Takayuki Kanda, "Social robots in public space", 10-year anniversary seminar of Aalborg Robotics Center, オンライン(zoomウェビナー), 2022/3/2.
  • 63. Takayuki Kanda, "Social robots in public space", HRI 2022 Workshop on Interactions with Assistive Shopping Robots, オンライン(zoomウェビナー), 2022/3/7.
  • 64. Takayuki Kanda, "Social robots in public space", HRI 2022 Workshop on Context-Awareness in Human-Robot Interaction Approaches and Challenges, オンライン(zoomウェビナー), 2022/3/7.
  • 65. 中野有紀子, "社会的信号処理に基づくコミュニケーション支援", 日本動機づけ面接協会(JAMI)第10回大会, オンライン, 2022/3/12.
  • 66. 長井隆行, "AI・ロボット・感情知能", 感情の架け橋シンポジウム, 大阪大学, 2022/3/17.
  • 67. 湯淺墾道, "都道府県議会におけるデジタル化の推進", 神奈川県議会議会改革検討会議, 神奈川県議会, 2022/3/23.

Awards

  • 1. 上野 諒祐,坂戸 達陽,中野 有紀子, "全国大会優秀賞", 人工知能学会, オンライン, 2021/7/26.
  • 2. T. Taniguchi, D. Mochihashi, T. Nagai, S. Uchida, N. Inoue, I. Kobayashi, T. Nakamura, Y. Hagiwara, N. Iwahashi and T. Inamura, "第9回Advanced Robotics Paper Awards, “Survey on frontiers of language and robotics”, Advanced Robotics", 日本ロボット学会2021年度表彰式, Online, 2021/9/9.
  • 3. OIT-RITS, "サービスカテゴリー、パートナーロボットチャレンジ、3位(WRS 実行委員長賞)", WRS2020愛知大会(経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)), 愛知県, 2021/9/12.
  • 4. NAIST-RITS-Panasonic, "サービスカテゴリー、フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ、総合優勝(経済産業大臣賞)", WRS2020愛知大会(経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)), 愛知県, 2021/9/12.
  • 5. NAIST-RITS-Panasonic, "サービスカテゴリー、フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ、陳列・廃棄タスク、1位(NEDO 理事長賞)", WRS2020愛知大会(経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)), 愛知県, 2021/9/12.
  • 6. NAIST-RITS-Panasonic, "サービスカテゴリー、フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ、清掃タスク、1位(NEDO 理事長賞)", WRS2020愛知大会(経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)), 愛知県, 2021/9/12.
  • 7. Hiroshi Ishiguro, "Honorary doctorate 2021", Aarhus University, Denmark, 2021/11/1.
  • 8. 佐伯 高明, "学生優秀発表賞", 日本音響学会, オンライン, 2021/11/8.
  • 9. 山下紗苗, 東中竜一郎, "若手優秀賞(第93回人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会 第12回対話システムシンポジウム)", 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会, オンライン, 2021/11/30.
  • 10. OIT-RITS, "RoboCup Japan Open 2021 @Home DSPL Technical Challenge 準優勝", ロボカップ日本委員会, Online, 2022/3/12.
  • 11. 松永裕太, "優秀発表賞", 日本音声学会, オンライン, 2022/3/13.
  • 12. 清野舜, "言語処理学会第28回年次大会 若手奨励賞", 言語処理学会, 日本, 2022/3/17.